ファクタリングはベンチャー企業におすすめ その理由は

ファクタリングは人気を集めつつある資金調達方法ですが、なかでもベンチャー企業などには特におすすめです。

ベンチャーの場合、売上が大規模でなくても人件費や開発費用などは確実にかかってくるため、うまく資金を回さないと経営が困難になる場合も少なくありません。
また、新規事業であることなど、多くの実績を持つ企業にくらべて融資の審査を受ける際には不利にはたらきやすいという点もあります。

したがって、金融機関の融資が受けられない際に、より簡単にすばやく資金が調達できる方法として、ぴったりだといえるのです。
ファクタリングがベンチャー企業におすすめの理由を、もう少し詳しく見ていきましょう。

それはまず、「審査が通りやすい」点が挙げられます。


利用する際には買取会社の審査を通過する必要がありますが、ファクタリングでの審査対象は利用企業自体よりも、売掛先企業の支払い能力や経営状態を重視します。特に3社間契約である売掛先企業が関与する取引の場合は、支払いは直接、売掛先からおこなわれますので、決済が確実におこなわれるかどうかが大事なポイントとなるわけです。

次に、貸借対照表において「負債が増えない」点もおすすめの理由です。ファクタリングは、融資ではないため借入金にはなりません。

おすすめのファクタリング情報ならこちらのサイトです。

譲渡によって売掛金が減り未収金となり、譲渡分の代金が入金されれば現預金が増えることになります。



ファクタリングによって、貸借対照表に影響する指標が改善されますので、銀行などからの融資を受けたい際にも、審査で有利にはたらくことが期待できます。