ファクタリングは小さな会社におすすめの資金調達法

企業等が事業資金を外部から調達する場合、広く行われているのは金融機関からの借り入れという手法です。

ただ、言うまでもないことですが利用に際しては事前審査があり、審査に通らないと資金を借り入れることができません。

審査の基準は金融機関ごとに異なりますが、一般には事業実績が乏しかったり、担保となる不動産等を保有していないと通りにくいと言われています。

おすすめのファクタリングのクチコミ情報を求めています。

そのため、たとえば開業して日の浅い事業者などはなかなか利用のチャンスがありません。こういった借入れの難しい事業者にとっておすすめの資金調達手段と言えるのが、ファクタリングです。原則として担保も保証人も要らず、たとえ赤字経営であっても利用できるチャンスがあります。



開業間もない事業者はもちろん、個人事業主や零細企業などにもおすすめの金融サービスです。多くの企業等では、商品やサービスを売り渡す際に代金を後払いにする代わりに、売掛金という項目を立てて経理処理を行います。



この売掛金は未収債権として一種の資産価値を持っているため、有償で譲渡することが可能です。これを買い取るのが、ファクタリング会社と呼ばれる専門事業者です。

売掛金を売却することで、利用者は入金期限前であってもキャッシュを手にすることができるようになります。ファクタリングは融資のように後日返済を求められないため、利用者の事業状況はそれほど重視されません。
そのため、実績が乏しかったり、不動産などを保有していなくても審査に通ることは十分可能です。小規模事業者にファクタリングがおすすめなのは、この理由によります。