ファクタリングは病院の事業資金調達におすすめ

病院やクリニックなどの医療機関は公共性の高い施設ですが、経営手法そのものは民間企業とそれほど異なりません。

幅広い分野のおすすめのファクタリングの情報を今すぐ確認できます。

日常的な経費の支払いはもちろん、設備投資のために外部から資金を調達する必要が生じることもあります。
そんな時におすすめなのが、ファクタリングと呼ばれる金融サービスです。

融資と似ていながら異なる性質を持つこのサービスは、迅速な資金調達の手段として人気があります。



ファクタリングは、売掛債権を現金化できるサービスです。


通常、売掛債権は取引先との間で約定した支払期限が来なければ入金がありませんが、このサービスでは専門の事業者に有償譲渡することで、その売却代金を得ることができます。
たとえ事業規模が小さくても、保有している債権の額が大きければ多額の資金調達が可能になるので、主として中小企業などにおすすめのサービスとされています。このファクタリングが医療機関にもおすすめなのは、保険診療機関にあっては診療報酬という一種の売掛債権が恒常的に発生しているからです。診療報酬は1か月分の保険診療分を翌月にまとめて請求し、翌々月以降に支払いを受けます。



医療機関の中には、このタイムラグによって資金繰りが悪化してしまうところもありますが、ファクタリングを利用すればすみやかに現金化できるため、キャッシュフローを改善することができます。

また、診療報酬を支払うのは国や公法人など貸し倒れリスクの極めて低い者であることも、利用しやすい理由の1つとなっています。